サラリーマンとOLさんは絶対に日本株より米国株をオススメする理由

広告
投資方針

どーもナカシです。

現在は保有している資産の7割が米国株になります。
正直に言いますと、まだ米国株の保有を始めて半年くらいなんですが、その短い期間でもインカムゲイン投資に最適だと感じたのでご紹介したいと思います。

1:少ない資金でも分散投資ができる
2:配当利回りが高い銘柄がいっぱい
3:配当月が多くて入金が早い
4:日中は株を見なくていい


1:少ない資金でも分散投資ができる

ナカシが日本株だけで投資しているときは資金と相談する毎日でした。
なんせ家庭があり給料が安い地方の中小企業のサラリーマンのため投資に回す資金は限られています。月に3~5万万円くらいです。

日本株は1単元が100株のため小型株を1つ(100株)買っただけで当月の資金投入が終了してしまいます。

多くのサラリーマンがこの必要な資金量の多さに株式投資を始めるのを躊躇されているのではないでしょうか。ナカシは200万の資金で株を始めました。日本株でそれなりに保有、売り買いするには資金が100万はないと厳しいです。

しかし米国株の最大の魅力は1単元1株から購入できます。


上記のフォードモーターのように1株9ドル以下なら日本円で1000円以下で購入できます。
そのため投資資金10万円でもけっこうな数を購入することができます。
インカムゲインは資金の分散が基本のため米国株なら複数銘柄の購入でも資金に余裕が出来ます。

上記画像はナカシの現在のNISA口座に入っている銘柄でトータル資産100万円くらいですが14銘柄もあります。日本株で100万で14銘柄購入しようと思ったら(しかも高配当銘柄のみとなれば)けっこう厳選する必要がありますが米国株ならこれくらい余裕です。

また一度に購入する額が少ないということは購入時期の分散も容易です。

銘柄の分散と購入時期の分散が出来ると株価変動のリスクをかなり抑えることができます。

広告


2:配当利回りが高い銘柄がいっぱい

インカムゲイン投資では保有株の配当利回りが重要です。

日本株では常時配当利回り6%を超える銘柄はほぼナイです。
5%を超える銘柄もこの一年を見る限り20社くらいでした。
大体3%を超えれば高配当と呼ばれる銘柄にあたります。
下落の可能性を考えると
これなら購入価格の下落率が低く、年間で1~3%くらいの高騰を狙える投資信託に人気が出るのがわかります。

米国株は配当利回りの高い銘柄が多いです。各証券会社の取り扱い銘柄数にもよると思いますが
楽天証券では6%超えの銘柄が40~50はあります。
5%なら100は超えているじゃないでしょうか?
ETF で5%を超える銘柄もあるので驚きです。

中には上記画像のザックスMLP高配当ETFのような配当利回り17%という夢みたいな銘柄もあります。実際に楽天証券で購入できます。初めてこのような米国株を見たとき衝撃を受けました。もっと早く出会いたかった、、

でも最近まで米国株は手数料が高かったです。少額でも最低5ドル必要でした。
2019年の8月から大手ネット証券が米国株の手数料を大幅に値下げしました。

ナカシが使っている楽天証券でも最低0.45セントから購入できるようになりました。日本株の手数料と比べて2倍強くらいなので頻繁に売り買いしない長期保有ならそれくらいの手数料は気になりません。

3:配当月が多くて入金が早い

通常、日本株の配当月は年2回がほとんどです。
そして配当金が入金されるのは配当金を受ける権利を得る権利日から3か月かかる場合がほとんどです。

例えば配当金権利日が1月と7月である株を2月に購入したとすると配当金を受けとることができるのは10月ということになります。
なので購入時期によっては配当金を得るのが9か月もかかるタイミングがあるわけです。

ですが米国株は配当月のほとんどが4半期、年4回です。
(年2回、1回の銘柄もありますがほとんどが4半期です)
そして権利落ち日から大体1カ月くらいで振り込まれるので、購入して最短で2週間後に配当金を得ることができる銘柄もあります。

毎月配当の銘柄もいくつかあります。
日本株にも4半期配当の銘柄はありますが数えるほどしかありません。
しかもその中で配当率の高い銘柄となるとほとんどありません。

実際に株を保持すると実感しますが、配当が半年に1回と3か月に1回ではかなり心理的な待ち時間が違います。
私は株の売り買いの差益で資金を増やすキャピタルゲイン投資から挫折してインカムゲインに乗り換えた経緯がありますので配当金狙いの日本株長期保有は長く感じました。

4:日中、株を見なくていい!

これは過去日本株ばかり取り扱っていた経験からですが日本株は平日の9時から15時まで市場が動いていますので値動きがすごく気になっていました。
昔は株価を頻繁に売り買いするキャピタルゲイン投資をしていたので、よく仕事中にスマホで証券アプリを見ていました。正直、本業に支障が出ていました。

本業が疎かになったら本末転倒です。日中は仕事に専念、もしくは別の副業のことに頭を使ったほうが良いです。

でも米国株はそんな心配ありません。日中に米国市場は空いてませんので(笑)
米国市場は日本時間の23時半から開始です。ナカシはちょうど寝る前にあたるのでポートフォリオの損益状況を見て大幅に下がってる銘柄があれぼ少し買い増して、寝るというサイクルができています。
23時半まで起きられない方も15時から注文の受付はできますのでご安心下さい。

広告


まとめ

以上の理由により、ナカシとしては配当金がメインのインカムゲイン投資が目当ての方は米国株が最適だと考えます。

日本企業と比べると馴染みがなく抵抗があると思いますが、米国株銘柄も各証券口座で情報は確認できますし、大体の主要な米国株は色んな投資ブロガーの方々が紹介されているので情報収集に困ることはないと思います。

ナカシとしましては
これからインカムゲイン投資を始める方にナカシの過去のような損失は出してほしくないと思うので、なるべくセーフティで尚且つ楽しく続けられる投資を案内することを心掛けていきます。

今後は保有している米国株の紹介と配当金生活についてご案内していこうと思うのでよろしくお願い致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました